引越し時の金融関係手続き

引越し前はバタバタと忙しく住所変更などの手続きが思うようにできないことが多いですね。

でも、できれば金融関係(銀行口座の移転や郵便貯金、クレジットカード)の住所変更などは引越し前に行うのが理想です。

引越し先の近くにそれぞれの支店があれば良いのですが、引越し先が遠方だったり交通の便が悪かったりすると余計に時間がかかりますので。

もし、引越し前にできなかったときは、仕方がないので引越し後、速やかに行うことをオススメします。

それでは金融関係(銀行口座の移転や郵便貯金、クレジットカード)の住所変更について説明します。

まずは、銀行関係の手続き。

引越し先でも現在の銀行を利用するなら、「住所変更」や「口座引越し」などを行います。

手続きは通帳、届出印、キャッシュカード、新しい住所を証明する書類(住民票・住所変更済みの運転免許証など)を用意して各銀行の窓口で行います。

郵便貯金も全国の郵便窓口で行っているので、預金通帳と届出印鑑、本人確認書類(新住所の記載のある公的書類)を持ってお近くの郵便局へお出かけください。

クレジットカードの住所変更は、

使用明細などに記載されているお客様サービスセンターやコールセンターへ電話をして、必要書類を送付してもらいます

その書類に必要事項を記入・捺印して返送すれば手続き終了です!

カード会社によってはインターネットを利用して行うこともでき便利です。

もし、公共料金や携帯電話の料金をクレジットカードで払っている場合は、引越し後、早めに行うこと!!

住所変更をしないと、利用明細が新住所に届かないこともありますのでご注意くださいね。

クレジットカードは犯罪を招きやすいので、特に注意しましょう。

次に生命保険や自動車保険、火災保険などの保険関係。

こちらも加入保険会社へ連絡して、住所変更を行います。

住所変更をしない場合、生命保険などは課税所得控除保険料証明書や満期の連絡が届かなくなる可能性があります。

それに、保険料の支払いが滞ると、失効となるケースもあるので、忘れずに変更するようにしましょう。

 



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ