引っ越し後の手続き 役所関係

引越しをしたら、役所に届け出るものはどんなものがあるのかまとめました。?

転入届

引越し後、2週間以内に引越し先の役所に届け出ます。

役所にある所定の書類に記入、提出し転入届証明書を交付してもらいます。

必要なものは転出届証明書、身分証明書、印鑑。他に就学前の子どもがいる場合は母子健康手帳。

自動車免許の住所変更など、住民票が必要になる人は、同時に住民票を発行してもらいましょう。

国民健康保険(対象者)

2週間以内に届け出ます。

国民健康保険証、印鑑、身分証明書が必要です。

国民年金

引越し後、なるべく早めに届け出ます。

国民年金手帳、印鑑、身分証明書が必要です。

印鑑登録

必要な人は行います。登録印、身分証明書が必要です。

福祉関係

医療助成や介護保険、心身障害者福祉手当てなどの対象となる人は行います。

地域によって条件などが異なるので、事前に電話で確認しましょう。

子どもがいる人

役所で「転入学通知書」を受け取って、引越し前の学校で発行された在学証明書、教科書給与証明書と一緒に、新しい学校に提出します。

外国人登録(対象者)

引越し後、2週間以内に行います。

外国人登録証明書が必要です。

 

以上、ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、引越しガイドが各役所のサイトやパンフレットなどにあるので、それを参考にし、必要なものを用意して転入届と一緒に済ませてしまえば何度も役所に行かずに済みます。



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ