引越しの荷造りのコツ

引越しが決まったら、すぐにでも始めたい作業に荷造りがあります。

仕事が忙しいと、面倒でどうしても先延ばしになりがちです。でも、引越し予定日の遅くとも2週間前ぐらいには取り掛かるようにして、引越しの前夜に慌てるような事がないようにましょう。

 

荷造りのコツ

荷造りを行う場合には、普段使用しない物やシーズンオフの衣類から始めると、スムーズに作業が進みます。

引越し先ですぐに使うような食器や鍋などの台所用品、タオルや石鹸、洗剤などの小物類は、すぐに梱包を開く事が出来るように、箱に大きな目印を付けておくと、引越し先ではとても便利です。

 

荷造りが進むと、ダンボールで作業場所が無くなってしまう場合もあるので、ひとつの部屋や場所をダンボール置き場にしてしまい、そこに崩れないように綺麗に積んで行きます。

ダンボールを積む際には、綺麗に積めるように、

  • 軽い物は大きな箱に
  • 重いものは小さな箱に

積めるのが基本です。

 

もし、ダンボールに隙間が空いてしまった場合には、強度を増す為にも、隙間に新聞紙等を丸く詰めておきます。

大型の家電や家具は、引越しの当日に引越業者が専用の資材を使って梱包しますから、そのままにしておきましょう。 中身はきちんと出しておきます。

クローゼットの中身をハンガーに掛けたまま運べるダンボールもあるので、引越し業者に事前に確認しておくと、その分の梱包の手間が省けますね。

 

それと、
ダンボールは引越し業者の方で用意してくれますので、引越し予定日の2週間前ぐら前には届けてもらっておきましょう。

 

 



コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ